「宇治難病患者連絡会(宇治なんれん)」は、京都山城北部地域を活動拠点にして頑張っています。たくましく難病とともに生きる日々の出来事やお知らせなどを発信します。






プロフィール

宇治なんれん

Author:宇治なんれん
特定疾患(56疾患)を中心にした難病患者とその家族で運営しています



カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



今 何時?



訪問ありがとう



オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



木工教室を開催しました
今年もギコギコ・トントンくらぶの皆様にご協力をいただいて、
12月6日午後1時半より、宇治市総合福祉会館に於いて、
木工教室を開催いたしました。

ここのところ一気に寒くなってきたこともあって、
参加を申し込まれて楽しみにされていた方の中にも
今回は残念なことに、
体調不良でキャンセルをされた方が特に多くなってしまいました。
当日の参加者は13名(うち1名はギコトン兼任)、
指導するギコギコ・トントンくらぶからは10名
計23名でほぼ1対1での丁寧なご指導です。

木工教室1

今回の作品は「宝箱」
すごい仕掛けが隠されています。

綿密に計算されて作られた材料は
一つ位置が入れ替わっても組み立てることはできません。
それをあれこれ知恵を絞り、
アドバイスをもらいながら、
組み立てていきました。
その間も久しぶりに顔を合わせた仲間と交わすおしゃべりは
何よりも楽しい。

木工教室3
木工教室4

悪戦苦闘していると
ギコトンくらぶの方が丁寧に教えて下さり、
ボンドを塗る位置や組み立て方、
形が崩れないように工具で固定して下さったり、
カンナで形を整えて
ほぼ手を貸して下さり、何とか形になりました。
仕上げは周りを個性豊かに飾り付けです。

今回の作品はかなり難度が高い作品でしたが、
出来上がってみると満足度が高い作品になりました。

木工教室6

早速開けてみたり、
中にコインをしまって子どもたちの反応を楽しみに
しまい込んでおられた方もありました。
出来上がったところで記念撮影

木工教室5

その後はもう一つのお楽しみ
美味しいデサートと
こだわって仕入れてきた出町輸入食品のおいしい珈琲。
今回も皆様に喜んでいただきました。
ご協力をいただいた皆様、本当にありがとうございました。