「宇治難病患者連絡会(宇治なんれん)」は、京都山城北部地域を活動拠点にして頑張っています。たくましく難病とともに生きる日々の出来事やお知らせなどを発信します。






プロフィール

宇治なんれん

Author:宇治なんれん
特定疾患(56疾患)を中心にした難病患者とその家族で運営しています



カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



今 何時?



訪問ありがとう



オンラインカウンター

現在の閲覧者数:



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



最新トラックバック



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



メールはこちら

名前:
メール:
件名:
本文:



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



12月の定例会報告
冬といえば、底冷えで有名な京都地方ですが、
ここ2日ほどは、最高気温が2~3℃ぐらいの厳しい寒さで、
風もきつくて外に出るのに気合が必要でした。
今日は風も穏やかになり、ようやく一息つけました。

12月14日(日)午後1時半より、宇治市総合福祉会館にて
12月の定例会を開催しました。

年末の忙しい時期でもあって、
欠席をお聞きしていた方が多かったのですが、
それでも7名が参加だったので安心しました。

定例会の話の多くは先週に開催した木工教室の感想です。
作業が素人にも簡単で、
自分の個性を生かした作品作りを楽しめました。

来年1月18日(日)の定例会は会議をしてから、
早めに「ステーキのドン」に移動して新年会という予定
もう一度確認してからお知らせしますね。

21日(日)は、午後1時半~ハートピア(市営地下鉄丸太町駅下車)にて
特発性拡張型心筋症の医療講演会があります。

京都市内では初めての開催で
講師は京大病院循環器内科医師 中川靖章先生です。
同じ病気の患者さんの交流も出来ますので
一人でも多くの参加を願っています。



「楽しく手作り木工教室」」を開催しました
12月7日(日)午後1時半より宇治市総合会館に於いて
今年もギコギコ・トントンくらぶの皆様にご協力をいただいて
「楽しく手作り木工教室」」を開催しました。

この日の参加者は
宇治なんれんの会員さんとその家族が16名(うち1名はギコトン兼任)
ご指導いただくギコギコ・トントンくらぶが10名
計26名、ほぼ1対1でのご指導でした。
2014木工教室1

今回で木工教室の開催も5回目です。
開始前に各自に材料が配られると
まだ始まっていないのに、待ちきれなくて材料を広げて
全く説明を受けないまま作っていく皆さん
それだけ皆さんも作業に慣れてきた証拠かもしれません。
作業しながら、周りの方とのおしゃべりも楽しみ
やすりで木片の端を磨いて滑らかにして
ボンドを塗って木片をくっつける場所の
見分け方を教えてもらって組み立てていきました。

2014木工教室2

2014木工教室3

2014木工教室4

今回の作品は、「動物のペン立て」」
リモコン入れにもなります。
それぞれのイメージで個性的な動物に仕上がりました。
2014木工教室6

仕上がり具合を見ながら
コーヒーを淹れていきました。
会場に美味しそうな香りがしてきました。
今年もこだわって出町輸入食品まで仕入れに行ってきました。
美味しいコーヒーとスイーツは
皆さんに喜んでもらえて
幸せな気持ちに溢れました。

今回上田様から、
難病患者さんの心が和めばと
和紙や色紙で作った手作りの作品の数々を
お預かりしていたので
参加された皆さんにお持ち帰り頂きました。
手にされた作品を眺めながら、
どの方も笑顔でした。
2014木工教室7

最後に皆で記念撮影です。
2014木工教室5

次回に逢えるのは総会になります。
それまでお元気で、お過ごしください。

忙しい中ご準備頂き、参加していただいた皆様
ご協力いただいたギコギコ・トントンクラブの皆様
社会福祉協議会および上田様
本当にありがとうございました。